FC2ブログ

SIN=KAIの勝手気ままな音楽散歩

2019年4月にヤフーブログから引っ越しました。拘りの音楽とギター等を紹介しています。

まったりとアジアンAOR♪落日飛車(Sunset Rollercoaster)☆彡

まったりとアジアンAOR♪落日飛車(Sunset Rollercoaster)☆彡

   落日飛車(Sunset Rollercoaster)落日飛車(Sunset Rollercoaster)は台湾のシティポップ・グループです。何処か懐かしくレトロさと今時のポップさが入り混じり、アジアンテイストが新鮮に響いて来るサウンドです。2011年に台北で結成されて、アジアのみならず世界中に人気を広げている。6人のメンバーは、曾國宏(vo,g)陳弘禮(b)王少軒(key)羅尊龍(ds)黄士偉(perc)黄浩庭(sax)と言う構成。Jポップからの影...

... 続きを読む

黒沢楽器の70’sアコースティック・ギターです♪GRAND CANYON No.350☆彡

黒沢楽器の70’sアコースティック・ギターです♪GRAND  CANYON  No.350☆彡

          Kurosawa GRAND  CANYON  No.350久し振りに、70年代製造のジャパン・ヴィンテージギターの紹介です。余り知られていないモデルですが、以前から70年代の黒沢楽器製のギターはオール合板で有っても、素晴らしい鳴りと音色が得られると思っています。製造は、長野県松本市に工房が有った長野楽器です。長野楽器はヤマハギターよりも早くから、スティール弦を用いたギターを...

... 続きを読む

No Subject * by koko-hana
SINさん、ほんと上手いですね。素人っぽさを感じません♪
とても響いていい音です^^ すみません、素人のコメントで(笑)
さらっと聴こえてくる歌声がとてもいい感じですね。
また次回を楽しみにしております♪

koko-hana さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
そんなに褒められるのは恥ずかしいです(笑)

もっと練習をしないといけませんが、どうも邪魔くさがりなんです^^;

このギターは安く入手をしましたが、本当に良い音で鳴ってくれます♪
あまり期待はしないで、見て頂く方が助かりますけどw

Comment-close▲

アーシーな日本のボニー・レイット♪吉村瞳☆彡

アーシーな日本のボニー・レイット♪吉村瞳☆彡

                吉村 瞳良く見かけるJポップのシンガーとは一線を画したライヴハウスを中心に地道な活動をしている愛知県出身のシンガーです。14歳の時に友人の影響でエレキギターを始め、18歳でスライドギターに目醒める。女性アコースティック・ユニット「Red Dirt Boogie Sisters」を結成し、ヴォーカルとギターを担当。ラップ・スティール・ギターを始め、現在はソロシンガーとパーカッシ...

... 続きを読む

2005年のデビュー作から♪ブランディ・カーライル☆彡

2005年のデビュー作から♪ブランディ・カーライル☆彡

           Brandi Carlile今月の初めに紹介をしていたシンガーのデビュー・アルバムから聴いて下さい。2003年に自主制作?のアルバムを録音していましたが、こちらが正式なデビュー作のようです。前回の記事は、コチラに。    https://fc2user314.blog.fc2.com/blog-entry-2602.html何度もグラミー賞にノミネートされるだけ有って最初から高いクオリティを持つ曲を沢山書いていました。まずは、リアルな歌声が...

... 続きを読む

No Subject * by koko-hana
深みのある歌声でカッコいいですね。
ほんとデビュー作とは思えない存在感のある曲とパフォーマンスです。
どの曲にも心動かされました。
ライブがとてもいいですね♪

koko-hana さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
このアルバムがデビュー作だったとは思えない多彩な曲が収められていて
ライヴでも新人らしからぬ存在感と、才能を感じました。

ビッグに成るアーティストは大抵が最初から凄い存在感を見せていましたが
まだ広くは知られていないシンガーなので、日本でも売れて欲しいですね。

Comment-close▲

運が向いて来たか♪ラッキー&ハッピー・ソング☆彡

運が向いて来たか♪ラッキー&ハッピー・ソング☆彡

            LUCKY  &  HAPPY先日、ラジオ番組のプレゼント・コーナーにネットから応募をしてみたのですが、関西の落語家協会の手拭いが当選しました♪カラフルなシールに小冊子がオマケで付いて来たので、これは久々に嬉しく成りました。そして、今夜野球を見ていると一点差で9回まで追い詰められてDeNAの完璧なストッパーが登板し、万事休すと思われました。しかし、粘りながら...

... 続きを読む

No Subject * by koko-hana
こんにちは

また当たったのですね、SINさんはやっぱりLucky Manです♪
とても落ち着いたラッキー&ハッピーソングが並びましたね。
控えめのガッツポーズが静かな闘志を感じます(笑)

無観戦試合は、ピッチャーの投げた球がキャッチャーミットに"スパンッ"と入る音が、すごく響き渡っていて「おぉ、すごーい!」と感動しました。
来月から観客が入れるんですね♪やっぱり球場でのあの応援がないとしっくりきませんね。


koko-hana さん、こんにちは。 * by SIN=KAI
関西ローカルのラジオ局ですから、応募数が少なくて当たるのだと思います(笑)

まあ選んでいただけるのは嬉しい物ですね。
関西の落語家さんが多いのに驚きましたが、サンマさんも名前が入っていて驚きました。
元々は落語家に弟子入りをしていたので、当然なんでしょうが、落語は聞いた事が有りませんw

ハッピーとかラッキーが付く曲は、有りそうで多くは無いので落ち着いた曲が並びました♪

Comment-close▲

洗練された極上のクールさです♪ジェリー・マリガン・セクステット☆彡

洗練された極上のクールさです♪ジェリー・マリガン・セクステット☆彡

Night Lights  Gerry Mulliganジャズの管楽器としては異色なバリトン・サックス奏者として有名なジェリー・マリガンが1963年に残したアルバムを聞いて下さい。西海岸を代表する様なクールさを持ったサウンドですが、均整の取れた美しいアレンジに乗って、アート・ファーマーやジム・ホールのギターが名演を披露していました。楽器の音がぶつかり合うジャズが好きな方には敬遠されたアルバムかも知れませんが、さり気無くクラ...

... 続きを読む

SIN=KAIさんこんにちは! * by shoji lemieux
以前ヤフーブログのときに親交のあったブロ友さんの推しアルバムでした。
ジャケットが印象的で、アルバムのサウンドイメージをそのまま表しているようですね。
有名なアルバムなんでしょうか。。

久々に聴いてみると、しっとりとオシャレな大人の雰囲気を私もだんだんと味わえるようになってきたのかなあと。。
なあんて、まだまだそんな耳肥えてないですけどね(笑)
とは言え、サンバ調のリズムなんかは肌が合います。

shoji lemieux  さん、こんにちは。 * by SIN=KAI
ジェリー・マリガンはバリトン・サックスを吹くレアなジャズメンでしたが
クールで洗練されたサウンドが人気で、代表作ともいわれる作品です。

西海岸で流行った白人系のジャズは、聞きやすいので楽しめると思いますよ♪
機会が有れば、この系列のジャズを聞いてみて下さい。
日本のインストバンドにも通じるサウンドだと思いますから。

Comment-close▲

お休み前の70’sフュージョン♪鈴木弘のキャット☆彡

お休み前の70’sフュージョン♪鈴木弘のキャット☆彡

     Hiroshi  Suzuki  CAT1976年にアメリカから一時帰国したトロンボーン奏者の鈴木弘が残したソロ作から聞いて下さい。日本の錚々たるジャズミュージシャンが集結して録音がされました。鈴木弘 (tb) 村岡健 (sax) 鈴木宏昌(key) 稲葉国光(b) 石川晶 (ds)今夜の気分は深夜帯のFMのラジオ放送から流れて来たサウンドです。  Hiroshi Suzuki-Romance         https://youtu.be/BFmH7moCL2c  ...

... 続きを読む

追悼、DEAD END のギタリスト♪足立“YOU”祐二☆彡

追悼、DEAD END のギタリスト♪足立“YOU”祐二☆彡

    足立“YOU”祐二以前紹介をした、20年振りに復活したJロックバンドのDEAD ENDにメジャーデビュー時から関わり、抜けた存在感を持っていたギタリストの訃報が今月の16日に届きました。 前回の記事は、コチラ。   https://fc2user314.blog.fc2.com/blog-entry-2174.html UFOのマイケル・シェンカーに大きな影響を受けながらも独自のスタイルに昇華して、奔放なギターを展開したギタリストでした。 ...

... 続きを読む

No Subject * by koko-hana
こんばんは
ついこの日本語の声にギターの音が入ってこなくなる私なんですが(-_-)ゞ゛
1曲目がとくにカッコいいです。
ソロはなんというか、甘くまろやかな音に心が和みました。
存じ上げませんでしたが、こちらで聴けてよかったです。
ご冥福をお祈りします。

koko-hana さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
多くのミュージシャンからリスペクトされるギタリストだったそうです。

明確に自分の個性を持ったギタリストは、特に日本では意外と少ない印象を持っていますが
自由で奔放な足立さんのギターは魅力的でした。

まだまだ活躍出来る年代だけに、Jロックに取っても大きな損失だと思います。
冥福をお祈りするしか有りませんね。

SIN=KAIさんこんにちは! * by shoji lemieux
たまたまですが、最近鹿鳴館のオーナーさんのトーク動画を観ていたら、このバンドを紹介していました。
鹿鳴館で育ったバンドのようですね。
ビジュアル系のジャパメタバンドとして、彼らもあこがれの地であった鹿鳴館だったんだ、ということで紹介されていました。
貼り付けた動画の8:00辺りです。
https://www.youtube.com/watch?v=CuNQ_gzF2Kc

当然私のことですから、ベビメタ絡みでこの映像にたどり着きました。
ちなみにですが、27:20辺りで語ってくれてます♪

足立“YOU”祐二さんのギター、メチャキレがあってカッコいいですね!

ご冥福をお祈りいたします。

shoji lemieux  さん、こんにちは。 * by SIN=KAI
 DEAD END はXJAPNよりも2年ほど早くメジャーで活動を始めていて、大坂出身なので
バーボンハウスでインディーズからライヴをしていたそうです。

鹿鳴館の店長さんは、XJAPNに思い入れが有るみたいですね。HIDEさんには特に思い入れが
有ったのか熱く語られていたのが印象的でした。

コロナ禍の影響が大きくて、ライブハウスは特に経営が大変そうですね。
静かに見れるようなアコースティクのライブから始めるのも良さそうな気がします。

Comment-close▲

バッドフィンガーと重なる♪グラスゴーの、BLUE☆彡

バッドフィンガーと重なる♪グラスゴーの、BLUE☆彡

              BLUE   BLUE前回に続き、売れなかったグラスゴーのポップロックを聴いて下さい。1973年にデビューアルバムを発表しましたが、ジミー・マカロックが参加した時に録音されたシングル曲から始めます。ややハードさが出てマカロックのブルージーなギターが花を添えていた。  Little Jody (Feat. Jimmy McCulloch)              https://youtu.be/scjjpTLANxoラ...

... 続きを読む

なぜ売れない? * by slowhand
いつも拝見させてもらってます。Sad sundayという曲なんかまるでCSN&Yのサザンマンかと思ってしまいました。バラード良し、ハーモニー良し、ライトポップ良し、カントリー良し、ルックス良し、色々な曲調の曲があるのになぜ売れなかったんでしょうね。不思議です。

slowhand さん、お久しぶりです。 * by SIN=KAI
時々覗いて頂いていたのですね♪

メジャーなアメリカのレーベルからデビューをしていましたが、余り売れずに
マイナーなB級バンド扱いだと思いますが、楽曲は中々良くて実力を持っていた
バンドだと思います。

アメリカを意識したサウンドでしたが、その辺のバランスが当時は受けなかった
理由なのかも知れません。

今聞くと、そのミックス感が絶妙で魅力を感じるのですが、売れるのは難しいですね。
後に再評価はされているのか、コンピのシングル曲集が2枚出ていました。

No Subject * by koko-hana
こんばんは
とても優しいなぁと感じる音楽ですね。穏やかな気持ちになります。
2曲目のちょっとハードなギターの音と心地よい歌声がマッチして、なんかキュッとしました♪
Timi's Black Arrowはほんと可愛くてお花畑にいるようです。
どれも気持ちよくて、また寝落ちするところでした(^^ゞ

koko-hana さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
イギリスのポップロックはパイロットが同時代に売れていましたが、彼らは
少しアメリカを意識したサウンドで、独特な個性を感じるバンドでした。

こんなにポップなのに余り注目されなかったのは意外です?

確かに、寝落ちしそうな心地良さが有りますね(笑)

Comment-close▲

ジミー・マカロックが居たスコティッシュ・ロック♪ポップだった、BLUE☆彡

ジミー・マカロックが居たスコティッシュ・ロック♪ポップだった、BLUE☆彡

      Life In The Navy Blueブルーは元マーマレードのギタリスト、ヒューイ・ニコルソンが中心に成り結成がされたスコットランドのポップロック・バンドです。地味なスワンプ系のサウンドが続いたので、今回は華やかなポップさを持つ広くは知られていないバンドです。初期に、ウィングスに加入したジミー・マカロックが参加していました。今回も無名で地味な事は否めませんから、前回と似た様な物かも(笑)ややロ...

... 続きを読む

スワンピーな女性のSSW♪クリスティン・レイクランド☆彡

スワンピーな女性のSSW♪クリスティン・レイクランド☆彡

   Christine Lakeland - Reckoning 前回、クラプトンのトリビュート・アルバムに参加をしていたSSWのクリスティンです。彼女はJ.J.ケイルのバンドで活動をしていて、J.J.ケイルの妻でも有りました。タニア・タッカー、ホイト・アクストンなどのバックを経て、J.J.ケイルのバンドに合流する。84年の『VERANDA』を皮切りに、5枚のソロ・アルバムをリリース。今夜は余り取り上げられる事が無いと思われるシンガー...

... 続きを読む

J.J.ケイルのトリビュート♪エリック・クラプトン&フレンズ☆彡

J.J.ケイルのトリビュート♪エリック・クラプトン&フレンズ☆彡

     The Breeze: An Appreciation of J.J. Cale      Eric Clapton  & Friendsクラプトンが大きな影響を受けて敬愛をしていた、J.J.ケイルに捧げたトリビュート・アルバムが2014年に発表されていました。以前、2人が競演をしたアルバムを紹介していましたが、今回は親しい仲間を集めて録音がされています。前回の記事は、コチラのURLに。  https://fc2user314.blog.fc2....

... 続きを読む

J.J.ケイル * by JK4HNN/とっとりLC575
おはようございます。

J.J.ケイルは結構CDを持っていたと思いますが、トリビュート・アルバムは知りませんでした。気だるいような、でも何か惹かれるような、変わった雰囲気がありますね。
自分でベニア板で作ったみたいなへんてこなギターを弾いている動画を観たことがあります。やたらスイッチが付いていて裏盤も取っ払ってあって、この人らしいな、と思いましたね。

JK4HNN/とっとりLC575 さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
J.J.ケイルは独特なスタイルを持ったギタリストで、SSWですね。
レイドバックしたサウンドですが、味わいが有って魅力的だと思います。

ベニア板のギターは、タバコの木箱を利用して作られた「シガーボックス・ギター」でしょうか。
ギターを買えないブルース系のギタリストが、自分で作っていたチープなギターでした。
スライドギターとして使う事が多いみたいです。

https://youtu.be/e-9N0h6tMoc

作り方を説明したサイトが有りました。

https://diyers.co.jp/articles/mHAX5




Comment-close▲