FC2ブログ

SIN=KAIの勝手気ままな音楽散歩

2019年4月にヤフーブログから引っ越しました。拘りの音楽とギター等を紹介しています。

TOP >  ビートルズ >  秀逸なビートルズのカバー曲が聞けた♪映画のアイ・アム・サム☆彡

秀逸なビートルズのカバー曲が聞けた♪映画のアイ・アム・サム☆彡

           i  am  sam
    i_am_sam.jpg

2001年に公開された映画「アイ・アム・サム」は、オールスターキャストと
思えるシンガーやバンドがビートルズ曲を歌っていた。

グラミー賞にショーン・ペンや、サウンド・トラックがノミネートされて話題に
成りましたが、出来の良いカバー曲が多くヒット・チャートを賑わしていました。

このサントラからは、ルーファス・ウェインライトの”Across the Universe
ベン・フォールズの”Golden Slumbers”等を以前アップしていましたが、今回は
映画のレポートと共に、他のサントラ曲を聴いて下さい♪

ストーリーは知的障碍者で、7歳の知能しか持たないショーン・ペンが演じた
父親のサム・ドーソンと、母親が逃げて残された娘のルーシー・ダイアモンド
ドーソンとの愛情溢れる2人の奮闘劇でした。まずは、予告編を見て下さい。

   映画「アイ・アム・サム」日本版劇場予告
               https://youtu.be/UYuuQf_rN4s



ルーシーを赤ちゃんの時から7歳まで育てたサムでしたが、父親として育てる
には無理が有るとして、ルーシーは施設に引き取られて2人は離れ離れに。

一緒に暮らしたいと訴えるが、その壁は高くて不可能と思われた。あどけない
ルーシーの可愛さや、離れたくないと願う父親の姿に胸が熱く成ってしまう。
まずは、ベン・ハーパーのカバー曲から聞いて下さい♪

   Ben Harper ~ Strawberry Fields Forever 
               https://youtu.be/Moleabskc1E




腕利きの弁護士を見付けて頼み込むが、サムは払える弁護費用を持っていない。
次は、エイミー・マンとマイケル・ペンのデュエットで。

   Aimee Mann & Michael Penn - Two of Us 
                https://youtu.be/hBgVJMuSh-I




さて、ハッピーエンドの結末が待っているのでしょうか?次は、ライヴ映像で。
特に、ウェールズで人気のバンドです。

 Stereophonics - Don't Let Me Down (Acoustic Sessions) + VIDEO! 
                 https://youtu.be/zJPrtAUkiwY




バミューダ出身の女性SSWの歌です。サムは仕事を探して働くしか有りません。

    heather nova we can work it out 
              https://youtu.be/VUunSZkaVgU




締めは、ウォールフラワーズの歌で。ディランの息子のジェイコブ・ディランが
結成をしたロックバンドです。

  The Wallflowers ''I'm Looking Through You'' 
               https://youtu.be/O2znD1NXzkA




どうでしょうか、見たくなった映画でしょうか。見るか見ないかは貴方次第です。
判断は、全てお任せします。


関連記事
スポンサーサイト



Last Modified : 2020-02-24

こんにちは * by koko-hana
ショー・ペンのこの映画、気になっていましたが見ていませんでした。サントラが話題になってたのは知りませんでした(^^;
サントラ聴いてみました。色んなアーティストのカヴァーから、映画の空気が伝わってくるようですね。
Don't Let Me Down、ケリー・ジョーンズの歌声カッコイイです♪
ゆったりした休日に観てみようと思います。

koko-hana さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
この映画を見たのは大分前だったので、内容は薄っすらとしか残っていません(笑)

サントラは出来が良くて印象的だったので、何度かアップしていました♪
 Stereophonics は前から聞かれていたのですね。
ライブの方が良かったので、こちらを使いました。

映画は大きな期待を持ち過ぎないようにして見て下さいねv-221

No Subject * by home in my shoes
いや、いつもすごいですよね(*´ω`*)。このボリューム、この深さ、この広さ。ホントすごいです。

ストロベリー〜、よかったですねぇ。クラシックからモダンへ。Two Of Usも。原曲の良さあってこそ、と言っても、それをカバーするって勇気いりますもんね、きっと。

この映画、切なすぎそうでまだ手にとったことがありません。こんな曲に彩られてるんですね・・・。どうしようかな、寅さんばっかり見てる場合じゃないかも。

home in my shoes さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
このサントラからはシングルヒットが何曲も出ていて、出来の良いカバーアルバムに仕上がっていました♪
これを企画したプロデューサーが選んだアーティストが上手くハマったと言う事でしょうか。

寅さんは何度見ても笑ってしまいますし、他には代えがたい映画だったと思いますよ。
BSの再放送では何度も見ていますが飽きません(笑)

SIN=KAIさんこんにちは! * by shoji lemieux
断然観たくなりました!
テレビでもたびたびやっていたように思いますが、どんな内容か分かっておらず、またこんなに音楽にもこだわっていたのですね♪
ビートルズも聴きたくなってしまったので、CD引っ張り出して聴いてみたいと思います!

shoji lemieux  さん、こんにちは。 * by SIN=KAI
映画自体は、そんなに名作だったとは言い切れませんが、切ない気分に成ったのは確かです。

ビートルズのカバーでは出来の良い曲が多いので、その部分では楽しめる映画だったと思います♪
確かに、元歌も聞きたく成るのは有りますね(笑)

Comment-close▲

コメント







管理者にだけ表示を許可

こんにちは

ショー・ペンのこの映画、気になっていましたが見ていませんでした。サントラが話題になってたのは知りませんでした(^^;
サントラ聴いてみました。色んなアーティストのカヴァーから、映画の空気が伝わってくるようですね。
Don't Let Me Down、ケリー・ジョーンズの歌声カッコイイです♪
ゆったりした休日に観てみようと思います。
2020-02-25-14:24 * koko-hana [ 編集 * 投稿 ]

SIN=KAI koko-hana さん、こんばんは。

この映画を見たのは大分前だったので、内容は薄っすらとしか残っていません(笑)

サントラは出来が良くて印象的だったので、何度かアップしていました♪
 Stereophonics は前から聞かれていたのですね。
ライブの方が良かったので、こちらを使いました。

映画は大きな期待を持ち過ぎないようにして見て下さいねv-221
2020-02-25-18:36 * SIN=KAI [ 編集 * 投稿 ]

No Subject

いや、いつもすごいですよね(*´ω`*)。このボリューム、この深さ、この広さ。ホントすごいです。

ストロベリー〜、よかったですねぇ。クラシックからモダンへ。Two Of Usも。原曲の良さあってこそ、と言っても、それをカバーするって勇気いりますもんね、きっと。

この映画、切なすぎそうでまだ手にとったことがありません。こんな曲に彩られてるんですね・・・。どうしようかな、寅さんばっかり見てる場合じゃないかも。
2020-02-25-23:45 * home in my shoes [ 編集 * 投稿 ]

SIN=KAI home in my shoes さん、こんばんは。

このサントラからはシングルヒットが何曲も出ていて、出来の良いカバーアルバムに仕上がっていました♪
これを企画したプロデューサーが選んだアーティストが上手くハマったと言う事でしょうか。

寅さんは何度見ても笑ってしまいますし、他には代えがたい映画だったと思いますよ。
BSの再放送では何度も見ていますが飽きません(笑)
2020-02-26-19:04 * SIN=KAI [ 編集 * 投稿 ]

SIN=KAIさんこんにちは!

断然観たくなりました!
テレビでもたびたびやっていたように思いますが、どんな内容か分かっておらず、またこんなに音楽にもこだわっていたのですね♪
ビートルズも聴きたくなってしまったので、CD引っ張り出して聴いてみたいと思います!
2020-02-29-12:05 * shoji lemieux [ 編集 * 投稿 ]

SIN=KAI shoji lemieux  さん、こんにちは。

映画自体は、そんなに名作だったとは言い切れませんが、切ない気分に成ったのは確かです。

ビートルズのカバーでは出来の良い曲が多いので、その部分では楽しめる映画だったと思います♪
確かに、元歌も聞きたく成るのは有りますね(笑)
2020-02-29-12:44 * SIN=KAI [ 編集 * 投稿 ]