fc2ブログ

SIN=KAIの勝手気ままな音楽散歩

2019年4月にヤフーブログから引っ越しました。拘りの音楽とギター等を紹介しています。

TOP >  ゆらゆら帝国  >  異彩を放ったJロック♪デビュー直後の、ゆらゆら帝国のライヴ☆彡

異彩を放ったJロック♪デビュー直後の、ゆらゆら帝国のライヴ☆彡

            ゆらゆら帝国

sinntarou.jpg


妙な名前に興味を持ち、良く知らないままNHK-FMで流されたライヴを
カセット・テープに収めていた。最初のイメージは『何じゃこりゃ?』
でした。かなり個性の強いサウンドから歌詞まで、今まで体験をした事
が無かったバンドの音に、強いインパクトを感じました。

サイケ感を漂わしながら、つぶやく様に歌われる歌詞やら普通じゃない
重量感を持ったバンドの音に、妙に惹き込まれて行く。

1998年の4月にメジャーレーベルからデビューをして、一か月後の
ライヴの様子をNHKが取り上げて、放送をしたらしい。

ゆらゆら帝国に付いては、録音テープの事を8年前のブログに書きました。

インディーズ時代と、メジャーデビューのアルバムから4曲が歌われています。
 1,いたずら小僧 2,昆虫ロック 3,発光体 4,EVIL CAR 

カセットテープのライヴ音源、Vol,87♪メジャーデビューの、ゆらゆら帝国☆彡
               https://youtu.be/SnLnyoTynWM




もし興味を持たれた方は、こちらもどうぞ。
誰もが食いつくようなバンドでは有りませんが、唯一無二のムードを
持っていて、奔放なギターは、ニール・ヤング的で、バックの野太い
リズム隊はクレイジー・ホースに重なる。音楽性は違っていましたが
インディーズ時代と、メジャーデビュー・アルバムからの4曲です。
1,ユラユラウゴク 2,わかって下さい 3,アイツのテーマ 
4,されたがっている

カセットテープのライヴ音源、Vol,88♪デビュー直後の、ゆらゆら帝国2☆彡
                 https://youtu.be/W1MExmXtQng



ニューヨークのレーベルDeath From Abroadから興味を持たれて、
米国でもリリースされたのは流石お目が高い。

関連記事
スポンサーサイト



Last Modified : 2023-12-08

No Subject * by akakad
ゆったりした曲は近年のOGRE YOU ASSHOLEに似ててそういうところは受け継がれていると感じました
ハードな曲はロックンロールだけど質感的にはあのあたりのオルタナティヴにも通づるようなものを感じました
強いて言うならSonic Youthですかね

akakad さん、こんにちは。 * by SIN=KAI
そうですね、クネクネ感の有るノリは、OGRE YOU ASSHOLEと近い物がありました。

形に縛られない自由さは「くるり」とも重なりますが、怪しさや和のテイストを匂わせるJロックは
特異な存在だったと思います。グランジやオルタナ系が出て来た90年代の結成なので、少なからず
ゆらゆら帝国も影響を受けていそうですね。

SIN=KAIさんこんにちは! * by shoji lemieux
1曲目は、CCRの”キープ・オン・チューグリン”を思い出しました。
バックの淡々としたドラムとギターが中毒性ありますね♪

ギターソロもかっこいいし、あとは、あんまり前面にでてこないヴォーカルの
好き嫌いで好みが分かれそうです。

もしかして、ギターがヴォーカルなんですかね?

shoji lemieux  さん、こんばんは。 * by SIN=KAI
かなり個性的なJロックでしたから、好き嫌いは分かれそうですが妙にクセに成りそうなサウンドでした。

まだメジャーデビューをしたばかりで、粗削りな部分は有りましたがギターは独創的で素晴らしいと思います。
徐々に明快なポップさを出して行きましたから、コンポーザーとしての能力も高さを感じました。

ヴォーカルはギターを弾きながら歌っていますが、結構トリッキーなのでテクニックが要りそうです。

Comment-close▲

コメント







管理者にだけ表示を許可

No Subject

ゆったりした曲は近年のOGRE YOU ASSHOLEに似ててそういうところは受け継がれていると感じました
ハードな曲はロックンロールだけど質感的にはあのあたりのオルタナティヴにも通づるようなものを感じました
強いて言うならSonic Youthですかね
2023-12-09-12:53 * akakad [ 編集 * 投稿 ]

SIN=KAI akakad さん、こんにちは。

そうですね、クネクネ感の有るノリは、OGRE YOU ASSHOLEと近い物がありました。

形に縛られない自由さは「くるり」とも重なりますが、怪しさや和のテイストを匂わせるJロックは
特異な存在だったと思います。グランジやオルタナ系が出て来た90年代の結成なので、少なからず
ゆらゆら帝国も影響を受けていそうですね。
2023-12-09-16:27 * SIN=KAI [ 編集 * 投稿 ]

SIN=KAIさんこんにちは!

1曲目は、CCRの”キープ・オン・チューグリン”を思い出しました。
バックの淡々としたドラムとギターが中毒性ありますね♪

ギターソロもかっこいいし、あとは、あんまり前面にでてこないヴォーカルの
好き嫌いで好みが分かれそうです。

もしかして、ギターがヴォーカルなんですかね?
2023-12-09-16:44 * shoji lemieux [ 編集 * 投稿 ]

SIN=KAI shoji lemieux  さん、こんばんは。

かなり個性的なJロックでしたから、好き嫌いは分かれそうですが妙にクセに成りそうなサウンドでした。

まだメジャーデビューをしたばかりで、粗削りな部分は有りましたがギターは独創的で素晴らしいと思います。
徐々に明快なポップさを出して行きましたから、コンポーザーとしての能力も高さを感じました。

ヴォーカルはギターを弾きながら歌っていますが、結構トリッキーなのでテクニックが要りそうです。
2023-12-09-17:52 * SIN=KAI [ 編集 * 投稿 ]